昭和電工、リチウムイオン電池開発体制を強化

自動車 ビジネス 企業動向

昭和電工は、リチウムイオン電池向け部材の研究開発から製造、販売までを一元的に担当する「先端電池材料部」を新設する。電気自動車やプラグインハイブリッドカーなど向けにリチウムイオン電池の需要拡大が見込まれるため、関連部材の研究開発体制を強化する。

今回新設する先端電池材料部には、高機能リチウムイオン電池に採用されている正・負極添加材「VGCF」や、電気自動車用リチウムイオン電池にすでに複数の採用実績がある負極材「SCNG」などをはじめとする昭和電工グループの持つ電池向け部材を集約する。

これまでグループ内で分散していた情報を一元的に管理・分析する体制とすることで開発効率アップを図るとともに、技術革新が進む先端電池材料分野での研究開発の高度化、スピードアップを目指す。

同社は、今後深刻化する地球温暖化や鉱産物資源の制約などの環境・エネルギー問題の解決に向けて、リチウムイオン電池用を始めとする個性的な材料・技術の提供していく体制を強化する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集