日本精工、ベアリングの球で演奏…感性価値創造ミュージアム

自動車 ビジネス 企業動向

日本精工は、兵庫県・神戸市で開催中の「感性価値創造ミュージアム in KOBE」で「ベアリング・グロッケン」の展示/演奏を行っている。イベントは現在実施中で13日まで開催する。
 
アーティスト川瀬浩介氏と日本精工の共同制作によるこの作品は、「地球上で最も丸い」と言われるベアリングの球(鋼球)を使って鉄琴を自動演奏させる、新しい発想の楽器。
 
関西地区で9月7日から開催している「世界トライボロジー会議」(京都)に展示される「ベアリング・グロッケン II」と同時期に展示/演奏される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集