見通しの良い交差点でバイクと乗用車が右直事故

自動車 社会 社会

2日深夜、静岡県三島市内の国道1号で、交差点を直進していた乗用車と、対向車線側から右折してきたバイクが衝突する事故が起きた。バイクは転倒し、運転していた20歳の男性が死亡。警察は乗用車の運転者から事情を聞いている。

静岡県警・三島署によると、事故が起きたのは2日の午後11時20分ごろ。三島市玉川(N35.6/E138.55)付近の国道1号で、交差点を直進していた乗用車と、対向車線側から右折してきたバイクが衝突した。

バイクは押し出されるようにして転倒。運転していた静岡県長泉町内に在住する20歳の男性は近くの病院に収容されたが、全身強打でまもなく死亡した。警察ではクルマを運転していた静岡市駿河区在住の27歳男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

現場は片側2車線の直線区間。信号機の設置された交差点で見通しは良いという。当時は双方の信号が青だったとみられる。警察では双方の安全確認に問題があったものみて、事故の状況を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集