ホンダ、カセットコンロ耕うん機の販売計画を上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ、カセットコンロ耕うん機の販売計画を上方修正
  • ホンダ、カセットコンロ耕うん機の販売計画を上方修正
  • ホンダ、カセットコンロ耕うん機の販売計画を上方修正
ホンダは、3月3日に発売したガスパワー耕うん機『ピアンタFV200』の累計販売台数が発売後約6か月の8月末で年間販売計画台数である6000台を超えた。

予想を上回る販売実績となっているため、年間販売計画を1万台に上方修正する。冬野菜の植え付けに備えた耕うん機の需要が見込める秋のシーズンを控え、さらなる販売拡大を目指す。

ピアンタFV200は、燃料にカセットガスを使用する手軽さから、30坪未満の小規模菜園や自宅の庭で家庭菜園、ガーデニングを楽しんでいる人、これまで耕うん機を所有したことがないエントリーユーザーを中心に好評で、販売が伸びている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集