ドイツ新車のうち、ESC装着率は81%に…ボッシュ

エコカー 燃費
ドイツ新車のうち、ESC装着率は81%に…ボッシュ
  • ドイツ新車のうち、ESC装着率は81%に…ボッシュ
ボッシュは、2008年にドイツで新車登録されたすべての車両のうち、エレクトロニック・スタビリティ・コントロール(ESC、横滑り防止装置)を装備した車の比率は前年比で2ポイント上昇し、81%に達したと発表した。 

現在入手可能なデータによれば、ヨーロッパ全体の装備率は5ポイントアップして55%と過半数を超えた模様。欧州の多くの国で新車に占めるESC装備率は上昇している。例えばイタリアでは42%から51%に、イギリスでは48%から56%に増加した。対照的に、フランスでは46%から42%に低下した。これは、フランスで新規登録された車両のうち、小型車の占める割合が増加したため。

ドイツの小型車セグメントでは、装備率は6%上昇して44%になっている。しかし、ヨーロッパの5大市場を見た場合、小型車のうちESCを装備しているのは、およそ5台に1台の割合と非常に少ない。同社では「中・大型車と同様に小型車へのESC普及が最大の懸念事項である」としている。
 
また、米国や欧州各国に続き、オーストラリアでもESC装着義務化法案が可決され、遅くとも2014年末までにはすべての新車にESCの搭載が義務付けられる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集