ホンダ、入門フォーミュラマシン開発…115万円

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ホンダ、入門フォーミュラマシン開発…115万円
  • ホンダ、入門フォーミュラマシン開発…115万円
  • ホンダ、入門フォーミュラマシン開発…115万円
  • ホンダ、入門フォーミュラマシン開発…115万円
  • ホンダ、入門フォーミュラマシン開発…115万円
  • ホンダ、入門フォーミュラマシン開発…115万円
  • ホンダ、入門フォーミュラマシン開発…115万円
  • ホンダ、入門フォーミュラマシン開発…115万円
  • ホンダ、入門フォーミュラマシン開発…115万円
米国ホンダの関連会社、HPD(ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント)は24日、フォーミュラレースのエントリーマシン、「FFプロトタイプ」を発表した。『フィット』用の1.5リットルエンジンを積み、1万2000ドル(約115万円)を下回る低価格で販売される。

ホンダは米国でSCCA(スポーツ・カー・クラブ・オブアメリカ)の公認を受けて、フォーミュラマシンによる入門レースに参戦中。長年、1.6リットルの「Kent」エンジンを搭載してきた。

今回、ホンダはこのエンジンを一新。フィット用の「L15A」型1.5リットル直4エンジンをベースに開発することで、マシンの価格を引き下げ、入門レースとしての門戸を拡大する。

マシンはキット状態で販売され、キットにはエンジン、吸排気系ユニット、ドライサンプオイルシステム、リストリクター、コンピューター、シャシーなどが含まれる。フィット用のエンジンは、現行の「スイフトDB-1」シャシーにボルトオン装着。キット価格は正式決定されていないが、米国ホンダは1万2000ドル(約115万円)程度での販売を予定しており、顧客がメンテナンスに支払う費用も大幅に削減するという。

莫大なコストを理由にF1から撤退したホンダだが、モータースポーツの裾野を広げる活動には積極的。グローバルモデルのフィットの他に、日本では『フリード』にも搭載される1.5リットルエンジンだからこそ、実現できた低価格といえそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集