富士火災の新サービス「社長“ホッと”コール」…従業員の事故に対応

自動車 ビジネス 企業動向
富士火災の新サービス「社長“ホッと”コール」…従業員の事故に対応
  • 富士火災の新サービス「社長“ホッと”コール」…従業員の事故に対応
富士火災海上保険は16日、自動車保険「ミニフリート」で、企業向けの新サービス「社長“ホッと”コール」を開始した。

同社では事故対応力の強化を目的にミニフリート契約した企業を対象に新サービス社長“ホッと”コールを開始する。

このサービスは法人の従業員が社有車で事故を起こした場合に、富士火災の「セイフティ24コンタクトセンター」の専用ダイヤルに直接報告した自動車保険の対人・対物・人身傷害の事故について、初期対応状況(「相手方への連絡」、「代車の手配」、「病院への手配」など)を従業員などの事故報告者だけでなく、経営者や車両管理者へも報告する。
 
このサービスにより、経営者、車両管理者はいち早く事故の状況を把握することで、「安心」してもらうと同時に、企業としてスピーディな対応につなげるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース