タイと米・独・日を直接結ぶ小口混載貨物輸送サービス DHLが開始

自動車 ビジネス 企業動向
DHLは8日、タイ・バンコクと米国・ロサンゼルス、ドイツ・ハンブルク、東京を直接結ぶ毎週運航を保証する小口混載貨物(LCL)輸送サービスを開始したと発表した。自社キャリアのダンマーラインを利用した新しい小口混載貨物の直接輸送サービスによって、貨物の輸送時間を最大で1週間短縮することができる。
 
新しいサービスの開始に伴い、タイの事業者は主要なトレードレーンに進出できる。タイの最大の輸出市場は輸出収入が202億米ドルに上る米国で、次いで200億米ドルの日本が追っている。また、対ドイツへの輸出による収入は32億米ドル。
 
2008年にタイから米国およびドイツへの輸出品目の第1位はコンピュータ、コンピュータ周辺機器、コンピュータ部品で、日本への輸出品目の第1位は電子集積回路、次いでコンピュータやコンピュータ周辺機器。
 
小口混載貨物は、コンテナ輸送に満たない少量の貨物を他の荷主の貨物と同一のコンテナに混載して輸送する海上貨物。少量の貨物をよりタイムリーに輸送する柔軟性を提供する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 中国向けオンライン貿易サービス…佐川グローバルロジスティクスが輸送業務を受託 画像 中国向けオンライン貿易サービス…佐川グローバルロジスティクスが輸送業務を受託
  • 日通、CO2クレジット付輸出航空混載貨物輸送サービスを開発 画像 日通、CO2クレジット付輸出航空混載貨物輸送サービスを開発
  • 自動車CO2排出量マップ を公開…国立環境研究所 画像 自動車CO2排出量マップ を公開…国立環境研究所
  • 運輸業者の倒産、27か月連続増加…5月 帝国データバンク 画像 運輸業者の倒産、27か月連続増加…5月 帝国データバンク

特集