マツダ ビアンテ、i-stopを標準装備

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ ビアンテ、i-stopを標準装備
  • マツダ ビアンテ、i-stopを標準装備
  • マツダ ビアンテ、i-stopを標準装備
  • マツダ ビアンテ、i-stopを標準装備
  • マツダ ビアンテ、i-stopを標準装備
  • マツダ ビアンテ、i-stopを標準装備
マツダは、ミニバン『ビアンテ』を一部改良し、6月25日から発売を開始した。

今回の改良では、新型『アクセラ』にも採用したマツダ独自のアイドリングストップ機構「i-stop」(アイストップ)を主力機種「20S」(2WD車)に標準装備した。これにより旧型比で燃費を約7%改善している。10・15モード燃費は13.6km/リットル。i-stopは、アイドリング停止時の素早いエンジン再始動(約0.35秒)と、エンジン停止・始動時の振動を抑える設計により、ほとんど違和感やストレスを感じない、自然な操作性を実現している。

i-stopに加えて20S(2WD車)にはエコ運転を支援する「トリップコンピューター(燃費計)」、「エコランプ」や、横滑り防止機構の「DSC」を新たに標準化することで、環境性・安全性能の充実を図った。

これらの装備を採用する一方で、車両本体価格については従来から据え置きとした。また、2.0リッター2WD全車は「環境対応車普及促進税制」による減税対象となり、自動車取得税および自動車重量税について20Sが75%、「20CS」が50%軽減措置の対象となると同時に、「環境対応車普及促進対策費補助金」の対象となる。

価格は20CSが213万1500円から、「23S」が269万9000円から。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ アクセラ 新型発表】山内社長「絶対に燃費に効く」 画像 【マツダ アクセラ 新型発表】山内社長「絶対に燃費に効く」
  • 【マツダ アクセラ 新型発表】基幹車種を進化…“エコ・スポーツ” 画像 【マツダ アクセラ 新型発表】基幹車種を進化…“エコ・スポーツ”
  • マツダスピード アクセラ…GKNのスーパーLSDを採用 画像 マツダスピード アクセラ…GKNのスーパーLSDを採用
  • マツダ アクセラ 新型…過去のしがらみを断ち切り解説 画像 マツダ アクセラ 新型…過去のしがらみを断ち切り解説

特集