【スバル レガシィ 新型発表】7000台受注、月販目標の2倍と好発進

自動車 ビジネス 企業動向
【スバル レガシィ 新型発表】7000台受注、月販目標の2倍と好発進
  • 【スバル レガシィ 新型発表】7000台受注、月販目標の2倍と好発進
  • 【スバル レガシィ 新型発表】7000台受注、月販目標の2倍と好発進
  • 【スバル レガシィ 新型発表】7000台受注、月販目標の2倍と好発進
  • 【スバル レガシィ 新型発表】7000台受注、月販目標の2倍と好発進
  • 【スバル レガシィ 新型発表】7000台受注、月販目標の2倍と好発進
  • 【スバル レガシィ 新型発表】7000台受注、月販目標の2倍と好発進
  • 【スバル レガシィ 新型発表】7000台受注、月販目標の2倍と好発進
  • 【スバル レガシィ 新型発表】7000台受注、月販目標の2倍と好発進
富士重工業は23日、5月20日に発売した新型スバル『レガシィ』の発売1か月間の受注台数が、目標の2倍以上となる7000台に達したと発表した。

レガシィの月販目標は3000台だが、発売後約1か月間の6月21日までの受注台数は7018台となり、好調なスタートとなった。

受注の内訳は「B4」(セダン)が32.5%、「ツーリングワゴン」が50.5%、「アウトバック」が17.0%。グレード構成比では、「2.5i」が52.9%で全体の半分以上を占めた。ターボモデルの「2.5GT」は43.0%で、アウトバックにのみ設定される「3.6R」は4.1%。
 
購入者の年齢層では30代が26.0%、40代が26.4%で、50代が21.8%、60代以上が15.4%と幅広い層で人気。
 
ボディカラーで最も人気の高いのがサテンホワイト・パールで31.7%、次いでクリスタルブラック・シリカで27.8%だった。
 
同社では、新型レガシィは「後席が広く、子供を乗せるのに良い」や「リニアトロニック(新開発CVT)の加速がスムーズ」、「静粛性が高い」、「走りや内外装の質感が高い」などの評価が高いとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集