丸紅、コープ事業連合のカーボンオフセットに排出権を供給

エコカー 燃費
丸紅は16日、生活協同組合連合会コープネット事業連合が今月から千葉県印西市で稼働開始する「印西冷凍センター」で排出されるCO2を、カーボンオフセットによりゼロとする「CO2排出量ゼロ冷凍センター」への排出権供給を行ったと発表した。
 
この取り組みは、NTTデータ経営研究所が主催する「カーボンオフセット・プロダクツ・プロジェクト」への参加を通して実現されたもの。
 
このカーボンオフセット・フリーザーは、カーボンオフセットの仕組みを用いて、2009年度のエネルギー使用量見通しから推計されるCO2排出量相当の排出権を事前に償却することで、稼働時より排出量ゼロの冷凍センターとするもの。
 
丸紅は今後もカーボンオフセットへの排出権供給に注力し、社会や消費者へのカーボンオフセット普及を推進していくことで、温室効果ガス削減に貢献していくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ランボルギーニ、CO2排出量の削減を宣言 画像 ランボルギーニ、CO2排出量の削減を宣言
  • マツダ、環境負荷の少ない水性塗装技術を開発…世界最高水準 画像 マツダ、環境負荷の少ない水性塗装技術を開発…世界最高水準
  • JFE、焼結鉱製造でCO2排出削減の新技術を開発 画像 JFE、焼結鉱製造でCO2排出削減の新技術を開発
  • 【トヨタ プリウス 新型発表】堤工場…太陽光発電で年740tのCO2削減 画像 【トヨタ プリウス 新型発表】堤工場…太陽光発電で年740tのCO2削減

特集