メルセデスベンツの商用車に新ディーゼル

自動車 ニューモデル 新型車

ダイムラーは5月29日、欧州でメルセデスベンツ『スプリンター』の2009年モデルを発表した。新しい直4ディーゼルと改良版V6ディーゼルの搭載がニュースだ。

スプリンターは、最大積載量3.5tクラスの欧州商用車のベストセラーモデル。2代目に当たる現行型は2006年に発売され、現在までに累計40万台以上を販売。初代からの累計セールスは約170万台に到達している。

2009年モデルでは、外装には手を加えず、主にメカニズムの熟成を図った。2種類のディーゼルターボエンジンは、直4を一新。従来の2149ccユニットに代えて、新世代の「OM651型」2143ccユニットを採用する。

この新ディーゼルは、バランサーシャフトや大容量インタークーラーの採用で、性能をアップ。1800バールのコモンレール高圧燃料噴射やEGRなどを導入して、ユーロ5に適合するクリーンな排出ガス性能を実現した。

エンジン出力は3仕様用意。最大出力、最大トルクはそれぞれ、95ps/25.5kgm、129ps/31.1kgm、163ps/36.7kgmとなる。

3.0リットルV6の「OM642型」は、従来の改良バージョン。最大出力は190ps、最大トルクは44.9kgmと従来よりも約10%向上させながら、ユーロ5基準を満たす排出ガス性能も達成した。

直4、V6ともに新開発の6速MTを搭載。1速ギアを超低速用、6速ギアを高速用に設定し、燃費の改善を狙った。このほか、安全面ではアダプティブブレーキライト、改良版のESP、ヒーター付きワイドアングルミラーなどを採用。新デザインのシートやオーディオ、Bluetooth対応システムなど、装備もグレードアップしている。

ボディタイプは従来通り、バン、ピックアップトラックなど、用途に応じたバリエーションを設定。欧州ベストセラー商用車が、また一歩進化を遂げた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集