GM 破産…エクセディ、債権2億円が不良化のおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

エクセディは2日、米国連邦破産法11章(日本での民事再生法)を申請したゼネラルモーターズ(GM)に対する債権が取立不能または取立遅延になるおそれがあると発表した。

同社のGMに対する売掛債権は207万ドル(約2億円)。
 
エクセディでは、米政府の自動車部品サプライヤー支援プログラムの動向を注視しながら債権の保全を図るとしている。
 
連結業績予想の修正が必要な場合は公表するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集