スイスから新型EVスポーツ…0-96km/hを5秒以下

自動車 ニューモデル 新型車
スイスから新型EVスポーツ…0-96km/hを5秒以下
  • スイスから新型EVスポーツ…0-96km/hを5秒以下
  • スイスから新型EVスポーツ…0-96km/hを5秒以下
スイスのBRUSAエレクトロニック社は13-16日、ノルウェーで行われた電動車両のシンポジウム兼展示会「EVS24」で、新型EVスポーツカー『BRUSAスパイダー』を公開した。

BRUSA社は1985年、スイスに設立された電機メーカー。おもに工業用のモーターを製作しており、これまでに複数のEVにモーターが採用された実績がある。

BRUSAスパイダーの核となるモーターは、リア部分に2個搭載。それぞれが後輪左右を駆動する方式だ。その最大出力は129ps×2=258psで、最大トルクは224kgmにも達する。

2次電池はKokam(コカム)社製のリチウムポリマーバッテリーで、蓄電容量は16kWh。フロントボンネットには液冷式チャージャーが装備され、充電は220Vプラグ接続により、約4時間で完了する。最大航続距離は80km/h走行で、約125kmを確保した。

BRUSAスパイダーのボディは約1000kgと軽量に仕上げられ、0-96km/h加速5秒以下、最高速200km/hのパフォーマンスを実現。往年のスパイダーを連想させるルックスは、スポーティな雰囲気を放つ。

BRUSAはこのスパイダーの市販計画に関して、アナウンスしていない。現状では、最大航続距離がテスラ『ロードスター』の392kmの半分以下しかなく、この部分の性能向上が望まれる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 2011年のルマンマシン!? EVスポーツのスタディモデル 画像 2011年のルマンマシン!? EVスポーツのスタディモデル
  • ガヤルド スパイダー の米国第1号車…27万ドルで落札 画像 ガヤルド スパイダー の米国第1号車…27万ドルで落札
  • [動画]ランボルギーニ ガヤルド LP560-4スパイダー…刺激に満ちたV10サウンド 画像 [動画]ランボルギーニ ガヤルド LP560-4スパイダー…刺激に満ちたV10サウンド
  • テスラ、ロンドン自動車博に出展 米国EVメーカー 画像 テスラ、ロンドン自動車博に出展 米国EVメーカー