平田機工、クライスラー向け債権取り立て不能のおそれ…21億円

自動車 ビジネス 企業動向
平田機工は1日、子会社がクライスラーに対する債権2152万4000ドル(21億0500万円)が取立不能または取立遅延のおそれがあると発表した。

同社の米国子会社ヒラタ・コーポレーション・オブ・アメリカは、クライスラーが連邦破産法11章(チャプター11)の適用を申請したため、債権の回収が困難になる可能性がある。
 
平田機工グループでは、今後予定されている債権者説明会の結果を踏まえて対応するとしている。
 
業績予想の修正については精査中で数値が確定次第公表する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • クライスラーが経営破たん、連邦破産法11条を申請へ 画像 クライスラーが経営破たん、連邦破産法11条を申請へ
  • タカタ、クライスラーへの売掛債権が回収不能の可能性…4億5000万円 画像 タカタ、クライスラーへの売掛債権が回収不能の可能性…4億5000万円
  • GMに20億ドルの追加融資が決定 画像 GMに20億ドルの追加融資が決定
  • 近藤ホンダ副社長、米市場は底を打ったが… 画像 近藤ホンダ副社長、米市場は底を打ったが…

特集