「避難生活は週末キャンピング」…またお騒がせ発言の首相

自動車 ビジネス 企業動向
「避難生活は週末キャンピング」…またお騒がせ発言の首相
  • 「避難生活は週末キャンピング」…またお騒がせ発言の首相
イタリア中部地震の被災地を視察したベルルスコーニ伊首相が、「週末のキャンピング感覚で」と発言したことが、周辺国のメディアで採り上げられている。これは8日、首相が被災地の避難場所を視察後、ドイツのテレビインタビューに応じた際に飛び出したもの。

薬品、温かい食事が行き渡り、そして夜を過ごすための施設が整っていることを強調したあと、「もちろん、被災者用避難場所は臨時のもの。週末のキャンピング感覚で過ごしてもらいたい」とコメントした。

これに対しイギリスのメディアは、朝晩の激しい寒暖差に晒されている被災者に対して配慮を欠いた発言であるとして、さっそく報じた。

またフランスのラジオ放送『エウロップ1』は9日朝のニュース番組で、昨年11月バラク・オバマ氏が米大統領選に勝利した際、ベルルスコーニ首相が「日焼けしていて格好いい」と発言したことを振り返りながら採り上げた。

いっぽうイタリア国内の主要メディアは9日現在、公営放送RAIを含め、今回のベルルスコーニ発言に関して大きく採り上げていない。ベルルスコーニ氏がオーナーを務める民放テレビ計3局も報道していない。なおこの民放3局は過去の相次ぐ「首相失言」はいずれも報道を行なってきたことから、今回も首相側から何らかの介入があったとは考えにくい。

そのような状況から、現在は首相発言よりも災害報道が最優先、というのがイタリア各局の姿勢であるとみられる。

今回の「キャンピング」発言、一般のイタリア人の間なら、たとえその場に被災者がいたとしても、その場を明るくし励ますため交わされそうな会話ではある。しかし首相の発言であったことが問題となった。

ヨーロッパ統一が進んでも、イタリア人同士ならある程度許されるかもしれない微妙なニュアンスは他国では通じない、という難しさが露呈したと見ることもできる。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース