考えるだけでロボットを制御---ホンダ子会社、ATR、島津製作所が技術開発

自動車 ビジネス 企業動向

考えるだけでロボットを制御---ホンダ子会社、ATR、島津製作所が技術開発
  • 考えるだけでロボットを制御---ホンダ子会社、ATR、島津製作所が技術開発
  • 考えるだけでロボットを制御---ホンダ子会社、ATR、島津製作所が技術開発
  • 考えるだけでロボットを制御---ホンダ子会社、ATR、島津製作所が技術開発
  • 考えるだけでロボットを制御---ホンダ子会社、ATR、島津製作所が技術開発
  • 考えるだけでロボットを制御---ホンダ子会社、ATR、島津製作所が技術開発
  • 考えるだけでロボットを制御---ホンダ子会社、ATR、島津製作所が技術開発
  • 考えるだけでロボットを制御---ホンダ子会社、ATR、島津製作所が技術開発
  • 考えるだけでロボットを制御---ホンダ子会社、ATR、島津製作所が技術開発
ホンダの研究開発子会社であるホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(HRI-JP)と、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、島津製作所は、世界で初めて考えるだけでロボットを制御できるブレイン・マシン・インターフェース(BMI)技術を開発した。

ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)技術は、脳波計(EEG)と近赤外光脳計測装置(NIRS)を併用するとともに、新たな情報抽出技術を使用することで、ボタンを押すなどの身体を動かす動作が不要な画期的なシステムだ。将来的には、知能化技術やロボット技術などとの融合でより人に優しい製品開発への応用を目指す。

人が考えるとき、脳では微弱な電流や血流の変化が生じる。これらをいかに正確に計測・解析できるかが、BMI技術の開発で最も重要な点。新開発のBMIは、脳活動に伴う頭皮上の電位変化を計測するEEGと、脳血流の変化を計測するNIRSを併用し、これら2種類の複雑な情報を統計処理する情報抽出技術を新開発した。これにより、人が考えるだけで脳活動を高精度に判別する。
 
また、2006年に発表したBMIで用いた機能的核磁気共鳴画像(fMRI)装置は、大型で、強力な磁場が発生するため、使用環境が限られていたが新開発の計測装置には、より小型のEEGやNIRSを用いることで様々な場所に移動して使用することができるようになった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集