事故多発地点でトレーラー横転…首都高

自動車 社会 社会

25日、東京都渋谷区内の首都高速道路・4号新宿線の上りで、走行中の大型トレーラーがカーブを曲がりきれずに中央分離帯へ衝突。そのままこれを突き破り、下り線側に逸脱した。トレーラーは横転。下り線の車両4台が衝突し、4人が負傷している。

現場は片側2車線。以前から大型車による事故が相次いでいる区間でもある。警察では速度超過やハンドル操作の誤りが原因で逸脱したとみて、運転者から事情を聞いている。

警視庁・高速隊によると、事故が起きたのは25日の午前8時30分ごろ。渋谷区代々木神園町4丁目付近の首都高速4号・新宿線の上りを走行していた大型トレーラーがカーブを曲がりきれず、中央分離帯に衝突した。

トレーラーは分離帯を突き破って下り線に進入した直後、バランスを崩して横転。下り線を走行していた中型トラック1台と、タクシーなど乗用車3台がこれを避けきれず、次々に衝突した。この事故で4人が軽傷を負っている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集