フォード フィエスタ、米国テスト導入でPR

自動車 ニューモデル 新型車

フォード フィエスタ、米国テスト導入でPR
  • フォード フィエスタ、米国テスト導入でPR
  • フォード フィエスタ、米国テスト導入でPR
  • フォード フィエスタ、米国テスト導入でPR
  • フォード フィエスタ、米国テスト導入でPR
  • フォード フィエスタ、米国テスト導入でPR
  • フォード フィエスタ、米国テスト導入でPR
  • フォード フィエスタ、米国テスト導入でPR
  • フォード フィエスタ、米国テスト導入でPR
フォードは26日、欧州生産車『フィエスタ』を米国にテスト導入した。100台のフィエスタは4月からモニターに貸与され、半年間、新しいPR手段として活用される。

フィエスタは欧州フォードが手がけるコンパクトハッチバック。2008年に欧州やアジア市場へ投入され、ヒットしている。フォードは2010年初頭に米国でフィエスタを発売予定。それに先駆けて、PRキャンペーンを4月にスタートさせる。

このPRキャンペーンの名称は、「フィエスタ・ムーブメント」。専用ウェブサイトで、フィエスタのモニターを募集。年齢条件は1979年から1985年に生まれた人で、約3300名の応募の中から、フォードは車好きで、なおかつ影響力のありそうな100名を選出した。100名はSNS(ソーシャルネットワークサービス)を使って、ブログや動画共有サイトでフィエスタの感想を発表する。

モニター期間は6か月で、ブログなどに書き込む内容は、フィエスタが登場すれば何でもOK。ただし、モニターには1か月に1度、フォードにレポートを提出する義務が課せられる。

フォードは2010年、1979-85年生まれの運転免許保有人口が約7000万人に達すると想定。フィエスタはまさにその年齢層をターゲットにしているだけに、SNSを利用した新たなPR手法に打って出たわけだ。果たして、フォードの戦略は成功するだろうか。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集