ロールスロイスの新型車、エンジンスペックが明らかに

自動車 ニューモデル 新型車

ロールスロイスの新型車、エンジンスペックが明らかに
  • ロールスロイスの新型車、エンジンスペックが明らかに
  • ロールスロイスの新型車、エンジンスペックが明らかに
  • ロールスロイスの新型車、エンジンスペックが明らかに
  • ロールスロイスの新型車、エンジンスペックが明らかに
  • ロールスロイスの新型車、エンジンスペックが明らかに
  • ロールスロイスの新型車、エンジンスペックが明らかに
  • ロールスロイスの新型車、エンジンスペックが明らかに
  • ロールスロイスの新型車、エンジンスペックが明らかに
ロールスロイスは23日、スタディモデル『200EX』のエンジンスペックを発表した。200EXはジュネーブモーターショーで初公開。現行『ファントム』よりもひと回り小さいボディを持つロールスロイスの新シリーズだ。

EXという名称はロールスロイスのスタディモデルに付けられる伝統のネーミング。2011年に投入予定の市販仕様では、別の車名が採用される。ロールスロイスは現在、開発コードとして『RR4』という仮称を使用している。

RR4のエンジンは、新開発6.6リットルV12ターボと発表された。最大出力は507psと、ファントムの6.75リットルV12(460ps)を上回る、現行ロールス最強のスペックが与えられる。BMW『7シリーズ』と共通の4.4リットルV8ツインターボ(407ps)ではなく、新開発エンジンという点が興味深い。

トランスミッションはZFと共同開発した8速ATで、燃費やCO2排出量低減に貢献。このATと新エンジンの相乗効果によって、ロールスロイス史上、最も燃費が良く、最もCO2排出量が少ないモデルに仕上げられるという。

ボディサイズは全長5399×全幅1948×全高1550mm、ホイールベース3295mm。ファントム(全長5835×全幅1990×全高1655mm、ホイールベース3570mm)と比較すると、436mm短く、42mm狭く、105mm低い。ホイールベースは275mmコンパクトだ。

ファントムよりもひと回り小さいとはいえ、そのルックスは紛れもなくロールスロイス。インテリアもロールスロイスらしいクラフトマンシップにあふれる仕上がりで、レザーやウッドなど最高の素材が使用される。リアドアが逆ヒンジで開閉するのはファントムと同様で、高い乗降性を実現している。

RR4は2011年に正式デビューする見込み。市販時期はまだ先だが、ロールスロイスは「ジュネーブでスタディモデルを公開して以来、顧客の反応は上々」とコメントしている。RR4のさらに詳しい情報は、今後数か月以内に公表される予定だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集