てんかん発作で意識消失が原因の死亡事故、禁固の実刑

自動車 社会 社会

昨年3月、神奈川県横浜市鶴見区内でトラックを運転中、てんかん発作で意識を失った状態で歩道に突っ込む事故を起こし、歩行者2人を死傷させたとして、自動車運転過失致死傷罪に問われた45歳の男に対する判決公判が18日、横浜地裁で開かれた。裁判所は被告に禁固2年8か月の実刑を命じている。

問題の事故は2008年3月9日午前に発生した。横浜市鶴見区下末吉3丁目付近の県道を走行中の普通トラックが対向車線に逸脱。そのまま道路右側の歩道に乗り上げ、信号待ちをしていた歩行者2人を次々にはねた。このうち14歳の男子中学生が死亡、27歳の男性も重傷を負った。

警察はトラックを運転していた44歳(当時)の男を逮捕。男は当初「居眠り運転をしていた」と供述していたが、突然意識を失う“てんかん発作”の症状があったことが発覚。事故当日は症状を抑える薬を服用していなかったことや、意識喪失を原因とする事故を2006年11月に起こしていたことも判明している。

18日に開かれた判決公判で、横浜地裁の木口信之裁判官は「被告はてんかん発作の症状を自覚しており、医師から症状緩和に必要な薬を処方されながら、これを飲むことを相当期間に渡って怠った」と認定した。

その上で裁判官は「過去にも同様の事故を起こしており、事故は予見可能だった」と指摘。「薬を処方どおりに服用していなかったことが事故につながった。被告の過失は大きい」として、禁固2年8か月の実刑判決を言い渡している。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品