日本精工、通期業績見通し下方修正…最終赤字転落

自動車 ビジネス 企業動向

日本精工は、2009年3月期連結業績見通しを下方修正した。最終損益は、120億円の黒字を予想していたが40億円の赤字となる見通し。

売上高は6700億円を予想していたが6450億円に下方修正。損益でも営業利益は280億円から195億円、経常利益は250億円から135億円にそれぞれ下方修正した。

年明け以降、自動車メーカーの生産調整が本格化、自動車関連製品の売上げが急激に落ち込んでいる。また、欧米子会社での事業構造改善費用の特別損失を追加計上するほか、繰延税金資産の一部取り崩しによる法人税等調整額が増加した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集