加藤電機、低価格の簡易型防犯警報装置を発売へ

自動車 ニューモデル 新型車

加藤電機、低価格の簡易型防犯警報装置を発売へ
  • 加藤電機、低価格の簡易型防犯警報装置を発売へ
  • 加藤電機、低価格の簡易型防犯警報装置を発売へ
加藤電機は、自動車用簡易型防犯警報装置『HORNET BeeSensor BEE700』を全国のカー用品販売店で4月6日から発売する。

BEE700は、同社ラインナップでは初めてシガープラグ電源を採用した操作性が高いアンサーバックリモコン付きカーセキュリティシステムで、低価格で設定した。
 
BEE700は、異常を感知する機能として、ガラス破壊や車両への衝撃を感知する衝撃センサーとドア開けを感知するドアセンサーを搭載する。車両の異常を感知すると最大90dBのサイレン音で威嚇し、手元のアンサーバックリモコンに通報する。また、通報された異常内容がドア開けによるものか、衝撃によるものかをリモコンの液晶画面で確認できる。
 
さらに、使いやすさと安心を提供するため、リモコン電池残量が低下した場合にリモコンから発する音で知らせたり、本体のバッテリー残量もリモコンの液晶画面で確認できる。
 
サイレンで威嚇するのみの警報器では犯人にシステムを解除される可能性もあるが新製品はアンサーバックリモコンによる通知で車両の異常を確実にユーザーへ知らせることができる、としている。
 
価格はオープン価格。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集