夜行高速バス 東京-酒田を増便 東京駅発着

自動車 ビジネス 企業動向

国国際興業と庄内交通は、共同運行する渋谷・池袋・大宮 - 鶴岡・酒田間を結ぶ夜行高速バス「夕陽号」に東京駅を発着する便を新設し4月1日から運行を開始する。

夜行高速バスの夕陽号は、渋谷駅22時30分発、酒田庄交バスターミナル行きと酒田庄交バスターミナル21時45分発渋谷駅行きを1往復運行しているが、多客時には1日2台で運行するなど東京・埼玉と山形県庄内地方を結ぶビジネス・観光レジャーの足として、多くの利用者がある。
 
また酒田市は、映画「おくりびと」のロケ地としても注目を集めており、今後利用者の増加も予想される。
 
今回の東京駅発着便の新設は、「秋葉原駅」と「上野駅」への乗り入れによって利用者の利便性向上を図る。また、東京駅出発便を23時15分発とすることで、都心でのコンサートやスポーツ観戦後にも余裕をもって乗車できる時刻設定とし、新たな需要喚起に結びつけ利用客数増を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集