ブルツ「テストドライバーの時代は終わった」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ホンダでテストドライバーを務めていたアレクサンダー・ブルツ。ホンダとの契約が残っていることから、新たに生まれ変わったブラウンGPに残留することになった。しかし、オフシーズンでの出番はなく、シーズン中のテストも禁止されるとあって、テストドライバーという立場ではなくなるという。

「仕事は続けるけど、もっとアドバイザー的役割が大きくなると思う。もちろんドライバーとしての立場からになるだろうけど、新レギュレーションのおかげで僕の貢献度は小さくなるだろうね」とブルツ。

かつてはマクラーレンに長く在籍し、評価の高いテストドライバーとして才能を高く評価されたブルツ。「僕から始まったテストドライバーの黄金時代は、もう幕を閉じたのさ」と語っている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集