デニス、マクラーレンのスランプ説を否定

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

昨年、念願のタイトルに返り咲いたマクラーレン・メルセデス。ディフェンディングチャンピオンとして2009年シーズンに挑むことになるが、シーズン前の合同テストではタイムが上がらず、苦しいシーズンになるのではないかという見方もある。

しかし、今シーズンから代表の座を退いたロン・デニスは次のように否定する。

「今日のマクラーレンのパフォーマンスレベルがどうあれ、我々は強力なレーシングチームだ。つまりワールドチャンピオンシップに向けて戦うということ。ライバルのように2日間でテストを終えることができなくても、来週ヘレスでテストすればいい。うちのマシンはグランプリを経ることに速くなる。チャンピオンシップを制覇できるだけのペースが維持できると予想している」とデニスは語っている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集