ランドローバー、英国政府の支援で新型車開発

自動車 ニューモデル 新型車

ランドローバー、英国政府の支援で新型車開発
  • ランドローバー、英国政府の支援で新型車開発
  • ランドローバー、英国政府の支援で新型車開発
  • ランドローバー、英国政府の支援で新型車開発
  • ランドローバー、英国政府の支援で新型車開発
  • ランドローバー、英国政府の支援で新型車開発
  • ランドローバー、英国政府の支援で新型車開発
  • ランドローバー、英国政府の支援で新型車開発
  • ランドローバー、英国政府の支援で新型車開発
ランドローバーは11日、英国政府から2700万ポンド(約36億円)の融資を受けて、新型車を開発する計画を明らかにした。新型車は『LRXコンセプト』の市販バージョンとなる。

LRXコンセプトは、2008年1月のデトロイトモーターショーで披露された新世代ランドローバー車。コンパクトなボディに2.0リットル直4ディーゼルハイブリッドを搭載し、欧州複合モード燃費21.3km/リットル、CO2排出量120g/kmという高い環境性能を実現する。

このエコなコンセプトを、英国政府が高く評価したのは想像に難くない。英国政府はランドローバーに対して、2700万ポンド(約36億円)の低利融資を決定。LRXコンセプト市販仕様の開発には、総額約4億ポンド(536億円)が必要といわれるが、インド・タタグループ入りした後でも、世界的な金融危機の影響で資金調達が困難になっていたランドローバーにとっては、渡りに船の出来事だろう。

もちろん、英国政府からの融資条件として、自国の雇用を守るという条件がある。新型車は英国マージーサイド州ヘイルウッド工場で生産する方向で最終調整中。同工場では現在、2000名の従業員が『フリーランダー2』やジャガー『Xタイプ』の生産に携わっている。

ランドローバーのPhil Popham統括責任者は、「ランドローバー60年の歴史において、新型車は最も小型軽量で環境性能が高いモデルとなる」とアピール。新型車はフリーランダー2のシャシーを利用して開発され、早ければ2011年に発売される見込みだ。

ランドローバーは新型車のイメージイラストを1点公表。フロントには「ランドローバー」ではなく「レンジローバー」の文字が見えることから、新型は『レンジローバー』の小型版としてデビューを飾るもようだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集