輸入車登録台数、総崩れで33.9%減…2月

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車輸入組合が発表した2月の輸入車新車登録台数は、前年同月比33.9%減の1万2350台と大幅に落ち込んだ。

このうち、外国メーカー車は同34.0%減の1万833台だった。フォルクスワーゲン、メルセデスベンツ、BMW、アウディなど、主要ブランドが大幅に低迷した。日本メーカーの海外生産車は同33.2%減の1517台だった。
 
車種別では乗用車が同38.4%減の1万1377台だった。トラックは約4.7倍の973台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集