日立、南アで電力関連の若手技術者を育成

自動車 ビジネス 企業動向
日立製作所は、南アフリカ共和国科学技術省(DST)と共同で、南アの若手技術者を育成する「日立 - DST南アフリカ技術者育成スカラシップ・プログラム」を創設したと発表した。

今回のスカラシップ・プログラムでは、南アの電力関連企業で働く若手技術者を日本に招聘し、日立の工場での実習や日本の電力会社訪問などを含む5か月間の技術研修プログラムを行う。

日立とDSTは、プログラムの募集を1月末に南アで実施し、3月末には3人の日立への技術派遣者を決定する。選抜された技術者は、9月に来日し、2010年2月まで技術研修を行う予定。

今回のプログラムは、南アの電力関連企業で働く若手技術者を育成するのが狙い。南アは、電力需要が堅調に伸びており、今後も多くの新規発電プラントの建設が計画されている。

日立は2007年10月と2008年3月に、南アの大手電力会社であるEskom社から、環境に配慮した効率性の高い石炭火力発電プラント用ボイラー設備一式を受注しており、南アでの石炭火力発電設備のプロジェクトにも積極的に参画している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 新日鉄と伊藤忠丸紅、南アの鋼板製造会社に資本参加 画像 新日鉄と伊藤忠丸紅、南アの鋼板製造会社に資本参加
  • 豊田通商、南アのスバル販社に資本参加 画像 豊田通商、南アのスバル販社に資本参加
  • 日産、中期計画LCV最初のモデルを発表…南アフリカ 画像 日産、中期計画LCV最初のモデルを発表…南アフリカ
  • トヨタ、南アフリカ子会社を100%出資に 画像 トヨタ、南アフリカ子会社を100%出資に
  • ルノー・日産、南アフリカでコンパクトカーを生産へ…約136億円を投資 画像 ルノー・日産、南アフリカでコンパクトカーを生産へ…約136億円を投資

特集