三井金属、リストラ本格化…4000人削減、給与減額

自動車 ビジネス 企業動向
三井金属鉱業は、人員削減などの経営合理化に乗り出すと発表した。

業績の大幅な悪化により、将来に向け強固な収益基盤をいち早く確立し再建するため、徹底した事業体制の見直しとスリム化が不可欠と判断。役員報酬、社員の年収減額、人員削減を実施する。
 
役員報酬は昨年10月支給分から5-10%減額しているが、4月から役員報酬を最大で50%削減に加重する。期間は業績回復の見通しが立つまで。
 
また、本体と主要関連会社の管理職の年収を減額するほか、一般従業員にも年収の減額を労組に申し入れる。
 
さらに、人員削減ではグループ全従業員1万8800人に対し、定年退職などの不補充、希望退職者のい募集、契約更新をしないなどで約4000人を2009年9月末までに削減する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、国内で5万6000台追加減産…期間従業員3100名削減へ 画像 ホンダ、国内で5万6000台追加減産…期間従業員3100名削減へ
  • 日産、2、3月も6万4000台を追加減産 画像 日産、2、3月も6万4000台を追加減産
  • スズキ、2月の減産計画を公表 画像 スズキ、2月の減産計画を公表
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース