三菱商事、カナダでLNG輸出基地の使用権を取得

自動車 ビジネス 企業動向
三菱商事とカナダのキティマットLNG社は、キティマットLNG社が計画中の液化天然ガス(LNG)輸出基地の使用権と株式の一部を三菱商事が取得することで基本合意した。

今回の基本合意に基づき、三菱商事はカナダのブリティッシュ・コロンビア州キティマット市で計画中であるLNG液化基地の年間生産能力500万トンのうち、150万tの基地使用権を確保するとともに、プロジェクトへ資本参加する。今後、詳細な協議を踏まえ3月31日までに正式な契約を結ぶ見込み。

プロジェクトは、カナダ西部で生産される天然ガスを、成長を続けるアジア市場へLNGとして供給する。キティマットLNG基地は、カナダ西海岸での唯一のLNG基地であり、北米大陸では1969年に操業開始したアラスカLNG基地以来のものとなる。

三菱商事としてはLNG供給源の多様化、エネルギーの安定供給に寄与するものと期待。キティマットLNG社では、その他の潜在的パートナーに対してもプロジェクト関与への興味を打診しており、三菱商事を始めとする戦略的パートナーとの提携が、プロジェクトを次の段階となる基本設計や最終投資決定へに進む可能性があるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース