ヤナセ9月期決算…新車販売不振で減収減益に

自動車 ビジネス 企業動向

ヤナセが発表した2008年9月期の連結決算は、営業利益が前年同期比27.5%減の52億1500万円と大幅減益となった。

新車販売実績は同10.6%減の3万5280台と前年を割り込み、売上高・営業利益・経常利益・当期純利益とも前年実績を下回った。メルセデス・ベンツ、アウディ、クライスラーなどが不振だった。ただ、バリューチェーン経営の推進効果により、中古車・アフターセールス事業の売上高は前期とほぼ同水準を維持して収益に寄与し、黒字決算を確保した。
 
売上高は同8.1%減の3509億7800万円と大幅減収だった。経常利益は同71.4%減の8億3100万円、当期純利益は同78.3%減の3億1300万円だった。
 
連結自己資本は、第三者割当増資により資本を増強、連結有利子負債圧縮も一段と進めたため、前期より連結自己資本比率が12.2%に向上し、財務面での経営基盤の強化安定を図ったとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集