登校中の小学生にバイク突っ込む

自動車 社会 社会

22日朝、兵庫県明石市内の市道で、集団登校をしていた小学生に対し、前から進行してきた原付バイクが突っ込んだ。バイクは10歳の男児を直撃。この男児が骨折などの重傷を負ったが、バイクはそのまま逃走している。

兵庫県警・明石署によると、事故が起きたのは22日の午前7時40分ごろ。明石市魚住町付近の市道で、集団登校のために路肩を歩いていた10歳の男児に対し、前から進行してきた原付バイクが突っ込んだ。

男児は減速しないまま進行してきたバイクの直撃を受けて転倒。右足を骨折する重傷を負った。バイクはそのまま現場から逃走しており、警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を階始している。

現場は見通しの悪い丁字路の交差点。信号機の設置は無い。事故の起きた時間帯は車両の通行が禁止されている。負傷した男児を含め、事故当時は約20人が列を成して歩いていたが、男児が交差点を曲がったところ、直進してきたバイクが衝突したという。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品