対向車線へ進出のバイク、横断の自転車と衝突

自動車 社会 社会

15日朝、神奈川県川崎市内の国道409号で、対向車線を逆走していたバイクと道路を横断しようとしていた自転車が出会い頭に衝突する事故が起きた。双方は転倒し、自転車の男性が死亡、バイクを運転の男性も重傷を負った。

神奈川県警・川崎署によると、事故が起きたのは15日の午前7時35分ごろ。川崎市川崎区本町2丁目付近の国道409号で、道路を自転車で横断しようとしていた69歳の男性と、対向車線側を逆走してきたバイクが出会い頭に衝突した。

双方は転倒。自転車に乗っていた男性は近くの病院に収容されたが、頭部強打でまもなく死亡、バイクを運転していた33歳の男性も足を骨折する重傷を負った。

現場は片側2車線の直線区間。バイクは渋滞の車列を一気に追い抜こうと対向車線側に進出していたとみられる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集