アルファ159 の2.2リットルTIを改良、ワゴンにも設定

自動車 ニューモデル 新型車

アルファ159 の2.2リットルTIを改良、ワゴンにも設定
  • アルファ159 の2.2リットルTIを改良、ワゴンにも設定
  • アルファ159 の2.2リットルTIを改良、ワゴンにも設定
  • アルファ159 の2.2リットルTIを改良、ワゴンにも設定
  • アルファ159 の2.2リットルTIを改良、ワゴンにも設定
フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、アルファロメオ『159』の2.2リットルモデルの「TIバージョン」にスポーティな装備を充実、さらにステーションワゴンの「159スポーツワゴン2.2」にも「TIバージョン」を設定して22日から販売すると発表した。

今回販売する両TIバージョンは、従来のTIバージョンと同様、ローダウンタイプのスポーツサスペンションを装着し、235/40R19タイヤに専用の19インチ・アロイホイールを組み合わせ、スポーティな走りを実現する。

また、専用のサイドスカート、鮮やかなレッド仕上げとしたブレーキキャリパー(フロントはブレンボ製)やアルミマット仕上げのヒーテッド電動ドアミラー、専用バッジなどを装着する。車両重量では、セダンは従来のTIより20kg軽量化、ステーションワゴンモデルでも標準モデルの「159スポーツワゴン2.2JTSセレスピード」に比べて20kg軽量化した。

また、電子制御式スタビリティコントロールのVDCの新機能である個別ブレーキ制御機能を利用することで、LSDのようにタイトコーナーなどでの駆動性能を一段と向上させる「電子制御式Q2機能」を装備した。
 
インテリアでは、専用のダークカラーでまとめられたインテリアトリムに、アルファロメオのロゴの刺繍をあしらった機能性の高い専用のレザースポーツシートを設定した。シーケンシャルモードでのシフト操作を簡単におこなえるパドルシフトを装備した専用レッドステッチ入りスポーツレザーステアリングや、ダーク色調の専用アルミ製ヘアライン仕上げセンターパネル、専用デザインのメーターパネル、アルミ製スポーツペダル、専用キックプレートなども採用した。
 
価格は159 2.2JTSセレスピードTIが475万円、159スポーツワゴン2.2JTSセレスピードTIが493万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集