日産、国内で追加減産

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車は14日、国内工場で合計7万2000台の追加減産を行うと発表した。栃木と九州では11月同様、12月も非稼働日を設定するほかラインスピードを落とし減産する。追浜も12月から新たに非稼働日を設定する。

最新のグローバル販売動向を踏まえ、減産により在庫増大リスクを回避する。中間決算会見で2008年度においてグローバルに20万台以上の減産を実施するとした内容をベースに、国内でも減産する。車両組み立て工場の減産に対応し、いわきと横浜のエンジン工場も非稼働日を設定する。

人員は12月末時点で在籍する約1000人の派遣社員のうち、約500人については年内の契約更新を行わない。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集