【株価】世界的な景気悪化懸念が強まる

自動車 ビジネス 株価

全体相場は反落。米国株安、外為市場での円相場の強含みを嫌気し、輸出関連株を中心に売り先行の展開。

世界的な景気悪化懸念から見送り気分が強まり、平均株価は再び9000円大台を割り込んだ。

円相場が対ドルで97円、対ユーロで124円台に上昇したことから、自動車株は全面安となった。

トヨタ自動車が前日比170円安の3300円と反落。ホンダが125円安の2240円、日産自動車が16円安の424円と反落した。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集