日本精工、高荷重用ボールねじを開発 プレス機向け、最大荷重を1.3倍に

自動車 ニューモデル 新型車

日本精工は、許容最大荷重を1.3倍に向上した「プレス機向け高荷重用ボールねじ」を開発し、商品化すると発表した。

プレス機械など、大きな荷重を受ける送り機構には従来油圧駆動が多く使用されている。最近は成形性や製品精度の向上、油を使わないことで環境負荷の低減、消費電力削減などの特長から回転モータとボールねじを使用した電動化が進んでいる。プレス機の中でも、板金の曲げ、打ち抜きなどの加工では、短い加圧範囲にだけ非常に大きな荷重が作用することになる。このため、許容される最大荷重(限界アキシアル荷重)のより大きなボールねじが求められていた。
 
同社は、独自のナット内ボール負荷分布解析を用いボールねじの内部仕様を最適化することで、ボールねじの限界アキシアル荷重を1.3倍に向上し、プレス機向け用途に最適なボールねじを開発した。
 
開発した製品は2009年2月から販売を開始し、2011年に5億円の売上を目指す。また、今年11月7 - 11日に幕張メッセで開催される「IPF(国際プラスチックフェア)2008」に開発品を出品する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集