いすゞ、通期純利益47%減の400億円

自動車 ビジネス 企業動向

いすゞ、通期純利益47%減の400億円
  • いすゞ、通期純利益47%減の400億円
いすゞ自動車は5日、2009年3月期の第2四半期累計業績と通期予想を発表した。国内をはじめ大半の海外地域での需要落ち込みを反映し、通期業績は下方修正した。

販売計画は国内を期首時点の7万1000台から6万4000台に、また海外も43万7000台を39万1000台に修正した。純利益は期首予想より450億円少ない400億円(前期比47.4%減)、営業利益は450億円修正の600億円(45.2%)を予想している。

また、売上高は2000億円修正の1兆6500億円(14.3%減)の見通し。配当は中間配3円を決め、通期では期首予想の6円を据え置いている。

細井行社長は中間期までの経営環境について「国内市場の落ち込みが一番の想定外」と指摘。世界的に需要が減退してきた当面の対策として「主要国の市場動向と在庫の評価や、投資計画のプライオリティ付けを急ぎたい」と述べた。

中間期は海外販売が前年同期比で15%増の21万台と好調だったが、為替変動や原材料費上昇の影響などにより、純利益は18.7%減の301億円となった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集