【Fニッポン】新型シャシーFN09、SUGOのコースレコード更新

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【Fニッポン】新型シャシーFN09、SUGOのコースレコード更新
  • 【Fニッポン】新型シャシーFN09、SUGOのコースレコード更新
  • 【Fニッポン】新型シャシーFN09、SUGOのコースレコード更新
  • 【Fニッポン】新型シャシーFN09、SUGOのコースレコード更新
  • 【Fニッポン】新型シャシーFN09、SUGOのコースレコード更新
  • 【Fニッポン】新型シャシーFN09、SUGOのコースレコード更新
10月27・28日に、フォーミュラ・ニッポンの09年型シャシー「FN09」の第3回先行開発テストが、宮城県スポーツランドSUGOで実施された。

同サーキットはテクニカルコースとして知られることから、今回はコーナリング時のバランスや足回りの耐久性、ハイダウンフォース下での操作性などに重点を置いたテストメニューが置かれた。

担当チームは、08シーズンの王者である「TEAM IMPUL」(星野一義監督)と、その最大のライバルチームである「NAKAJIMA RACING」(中嶋悟監督)。

ドライバーは、両チームの08年シーズンに所属した5名が参加した。TEAM IMPULは、07・08年王者の松田次生、06年王者ブノワ・トレルイエ(以上、「LAWSON TEAM IMPUL」)、初代ルーキ・オブ・ザ・イヤーである平手晃平(TEAM IMPULの第2チーム「TP Checker IMPUL」)の3名。NAKAJIMA RACINGは、08年シーズン2位のロイック・デュバルと、同5位の小暮卓史のPIAA NAKAJIMAの2名だ。トヨタエンジン搭載車(FN09トヨタ)をTEAM IMPULが、ホンダエンジン搭載車(FN09ホンダ)をNAKAJIMA RACINGが担当した。

初日は、FN09トヨタを午前中は松田が、午後は平手がドライブ。FN09ホンダは、1日通して小暮卓史がステアリングを握った。松田はトラブルで17周しか消化できず、タイムも1分8秒664止まり。平手もセッティングの関係で25周となり、1分8秒354。小暮は午前と午後で合計60周走り、ベストは1分7秒フラットを記録した。

2日目は、FN09トヨタを午前中はトレルイエが、午後は再び松田が担当し、FN09ホンダは終日デュバル。この日のFN09トヨタはノートラブルで、トレルイエは48周して1分6秒740まで伸ばした。松田も39周し、1分7秒216となっている。FN09ホンダはこの日も快調で、デュバルは合計87周し、ベストは1分6秒407。

91年11月2日に開催された全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権で、元F1ドライバーのテオ・ファビがマークしたコースレコード1分6秒514を、非公式ながら17年ぶりに更新した。まだテスト段階ながらこのタイムであることから、FN09の来年の活躍が非常に活躍できるタイムといえそうだ。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集