ホンダの米国新車販売は28%減…10月実績

自動車 ビジネス 企業動向

米国ホンダは11月3日、10月の新車セールス結果を公表した。総販売台数は8万5864台で前年同月比は28%減と4か月連続のマイナス。『フィット』とアキュラ『TL』だけが前年実績をクリアしている。

フィットは8月26日に発売した新型が好評。前年同月比28.1%増の6478台と売れている。しかし、これまで好調だった『シビックハイブリッド』は、新型『インサイト』公開による買い控え現象なのか、31.7%減の1621台と大きく後退。シビックシリーズ全体も24.8%減の1万8582台と落ち込んだ。

ベストセラーセダンの『アコード』も同様。2007年9月に発売した新型の新車効果は息切れし、38.4%減の1万9783台と伸び悩む。『CR-V』は24.4%減の1万3169台、北米専用大型ミニバンの『オデッセイ』も38.6%減の9208台と振るわない。また、5月末に投入された新型『パイロット』も、大型SUV不人気の波に飲み込まれ、19%減の4980台と顧客の反応は鈍い。

アキュラブランドでは9月24日に発売した新型『TL』が人気で、22.2%増の4340台を販売した。しかし、他の車種は軒並み不振で、『TSX』は23.1%減の1844台、SUVの『MDX』は40.4%減の3005台と元気がない。

米国ホンダはこれまでゼロ%金利やインセンティブなどの販売促進策に消極的だった。そうしなくても売れていたのが理由だが、今後は販売戦略の見直しが求められそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集