スバル富士重の中間決算…為替差損などで営業減益、通期業績見通しは据え置き

自動車 ビジネス 企業動向

スバル富士重の中間決算…為替差損などで営業減益、通期業績見通しは据え置き
  • スバル富士重の中間決算…為替差損などで営業減益、通期業績見通しは据え置き
富士重工業(スバル)が発表した2009年3月期の連結決算は、当期純利益が前年同期比43.9%減の44億円と大幅減益となった。

国内の新車売上げ台数は『フォレスター』が順調だったものの、軽自動車の販売低迷で同5.1%減の9万4000台にとどまった。しかし、海外の売上げ台数は欧州、その他地域が順調で同9.3%増の18万8000台と大幅に伸びた。このため、売上高は同5.0%増の7442億円と増収だった。
 
営業利益は売上げ増で375億円、試験研究費の減少で38億円などの増益効果があったものの、為替差損で200億円、諸経費の増加で194億円、原材料高騰などで25億円の減益効果が影響、同3.0%減の183億円にとどまった。
 
経常利益は同28.4%増の182億円だった。
 
通期業績見通しは、新車売上げ台数を従来計画から国内が1万2000台マイナスの20万1000台、海外が8000台マイナスの41万5000台に下方修正するものの、売上高や収益の予想は前回発表を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集