【スタッドレスガイド'08】ビギナーでも安心のコントロール性能…ミシュラン X-ICE XI2

自動車 ニューモデル 新型車
【スタッドレスガイド'08】ビギナーでも安心のコントロール性能…ミシュラン X-ICE XI2
  • 【スタッドレスガイド'08】ビギナーでも安心のコントロール性能…ミシュラン X-ICE XI2
  • 【スタッドレスガイド'08】ビギナーでも安心のコントロール性能…ミシュラン X-ICE XI2
  • 【スタッドレスガイド'08】ビギナーでも安心のコントロール性能…ミシュラン X-ICE XI2
  • 【スタッドレスガイド'08】ビギナーでも安心のコントロール性能…ミシュラン X-ICE XI2
  • 【スタッドレスガイド'08】ビギナーでも安心のコントロール性能…ミシュラン X-ICE XI2
  • 【スタッドレスガイド'08】ビギナーでも安心のコントロール性能…ミシュラン X-ICE XI2
  • 【スタッドレスガイド'08】ビギナーでも安心のコントロール性能…ミシュラン X-ICE XI2
  • 【スタッドレスガイド'08】ビギナーでも安心のコントロール性能…ミシュラン X-ICE XI2
雪道といっても、ふかふかの新雪と何台ものクルマが走って踏み固められた圧雪路とではまるで条件が異なる。しかし『X-ICE XI2』(エックスアイス エックスアイツー)は、そのどちらもトレッドパターンの溝がうまく雪を捕まえてくれるから、安心して走れる。

ソフトな感触の新雪は意外と抵抗が大きくブレーキングはよいが、アクセルを踏んだときにはホイールスピンさせながらでないとトラクションがでないことがある。そんな雪でもさほど空転させなくても走り出すことができる。

山岳地のワインディングロードを走るときには、深い雪だったり、圧雪路だったりするが、コーナリングではハンドルがよく利くので、カーブの入り口で安心感があった。まずはハンドルのとおりに曲がってくれることが大事だが、小さなハンドル角から応答してくれ、さらにハンドル角が大きくなったところでも反応があり、なかなかサーチュレイトしない(反応の頭打ちにならない)のがよい。

雪道でのコーナリング中はアクセルによるコントロールは可能だ。アクセルペダルをゆっくり踏み込んでいくと加速状態になるが、徐々にアンダーステアが出てカーブの外にふくらみ気味になる。またアクセルペダルを戻していくとフロントのグリップが増してインに向いてくる。極端にやればリヤの滑りも誘発することができるが、そんなときでもゆっくりした動きでコントロールしやすい。

シャーベット路も含めて雪道のレベルはかなり高く、ベテランは扱いやすく、ビギナーでも危なげなく走ることができる。

ドライ路面での性能は、『DRICE』の時代からしっかりしていることで有名だが、XI2になってさらに踏ん張る力が増えている。応答性の中立付近は穏やかで切り込んでいったときや、コーナリング中のグリップの強さや安定感は高く、ここでも安心感があった。

高速道路ではこれまでのスピードレンジQからTへと1ランク上がったことが、安心感になっている。160km/hまでの保証から、190km/hになったことは、耐久性だけでなくハンドリング性能の余裕にも影響を与えている証だ。

氷上性能IMPRESSION雪道性能IMPRESSION
PROFILE
タイヤ徹底ガイドTOP
《こもだきよし》

編集部おすすめのニュース

  • ミシュラン X-ICE XI2発表…アイスブレーキ性能15%向上 画像 ミシュラン X-ICE XI2発表…アイスブレーキ性能15%向上
  • 【パリモーターショー08】ベンチュリとミシュランの電気自動車 画像 【パリモーターショー08】ベンチュリとミシュランの電気自動車
  • ビバンダム生誕110周年 ゴルフブランドを展開 画像 ビバンダム生誕110周年 ゴルフブランドを展開
  • 【スタッドレスタイヤガイド '10 前編】トレンドは“吸着”と“サイプ” 画像 【スタッドレスタイヤガイド '10 前編】トレンドは“吸着”と“サイプ”

特集

おすすめのニュース