首都高のルーレット族ら23台に整備命令

自動車 社会 行政
国土交通省関東運輸局は22日、首都高速道路で21日未明に実施した深夜街頭検査でルーレット族等の不正改造車23台に整備命令を発令したと発表した。

街頭検査は、東京運輸支局、警視庁、自動車検査独立行政法人関東検査部と連携して、首都高速9号線上り辰巳第1PA内で行ったもので、31台の車両を検査した結果、マフラーの取り外しなど騒音・排ガス関係で20件、回転部分の突出など車枠・車体関係で18件、着色フィルム貼付など保安装置関係で4件の保安基準不適合が見つかり、計23台に整備命令書を交付して改善措置を命じた。

街頭検査の総出動員数は74名で、このうち運輸支局からは5名、検査法人関東検査部から5名が参加した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 自動車点検整備推進運動…9-10月は強化月間 画像 自動車点検整備推進運動…9-10月は強化月間
  • 新日鉄、車両整備子会社のニチブツサービスを解散へ 画像 新日鉄、車両整備子会社のニチブツサービスを解散へ
  • 国土交通省の公用車管理業務---入札参加者7倍増、新規参入7社が落札 画像 国土交通省の公用車管理業務---入札参加者7倍増、新規参入7社が落札
  • 不正改造309台に整備命令…6月の強化月間 国交省 画像 不正改造309台に整備命令…6月の強化月間 国交省

特集