BMW、横浜東戸塚支店がオープン 8月30日

BMWジャパンは、正規ディーラーのメトロポリタンモーターズが戸塚支店を駅ビルを中心に商業施設が整備・開発されている東戸塚駅周辺に「東戸塚支店」を8月30日からオープンすると発表した。

自動車 ビジネス 国内マーケット
BMWジャパンは、正規ディーラーのメトロポリタンモーターズが戸塚支店を駅ビルを中心に商業施設が整備・開発されている東戸塚駅周辺に「東戸塚支店」を8月30日からオープンすると発表した。

新しいショールームは、BMW本社の最新のCI(コーポレートアイデンティティ)を導入し、常時7台の新車を展示する。展示は車両が路上を走行している姿を再現した「ドライビング・ギャラリー」のコンセプトを採用する。7台の車両を2列に、双方向に展示する手法で、「駆けぬける歓び」というBMWのコア・メッセージを表現する。

また、新しいショールームの敷地内にはサービスのワークショップも併設。簡易な修理から定期点検や車検整備まで、短時間・高品質で提供すると、している。

新ショールームは、横浜市戸塚区川上町で横浜新道・川上インターチェンジから約5分、環状2号線・東戸塚から約3分、JR東戸塚駅からは徒歩約8分の場所に位置する。敷地面積は約2888平方メートル、ショールームが441平方m。ワークショップは5ベイを設置する。拠点の従業員数は20人。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集