いすゞ、ロシア市場にピックアップトラックを市場投入へ

自動車 ビジネス 企業動向

いすゞ自動車は、ロシア市場にピックアップトラックを2009年2月に投入すると発表した。

今回、いすゞがロシア市場で販売するピックアップトラックは、泰国いすゞ自動車(IMCT)製のピックアップトラックの『D-MAX』。エンジンはユーロ4排ガス規制に対応した排気量3.0リッターと2.5リッターのコモンレール式直噴ディーゼルエンジン、ボディはクルーキャブタイプ(4ドア5人乗り仕様)で、トランスミッションはオートマチックとマニュアルを設定する。

いすゞのロシアでの合弁会社セベルスタリアフトいすゞ(SAI)がタイから完成車を直接輸入し、SAI傘下の販売会社を通して販売する。

初年度の販売計画は1000台で、3年後には5000台規模の販売を見込んでいる。

ロシアでは中小型ピックアップトラック市場が急速に拡大しており、2005年に約3600台だった需要が2007年には約11万3000台にまでに達し、今後も拡大が見込まれている。

いすゞはピックアップトラックを8月26日から開催されるモスクワ国際オートショウ(モスクワモーターショー)に出展する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集