【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…初の開催、学習と適応と進化

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…初の開催、学習と適応と進化
  • 【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…初の開催、学習と適応と進化
  • 【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…初の開催、学習と適応と進化
  • 【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…初の開催、学習と適応と進化
  • 【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…初の開催、学習と適応と進化
  • 【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…初の開催、学習と適応と進化
  • 【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…初の開催、学習と適応と進化
  • 【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…初の開催、学習と適応と進化
フェルナンド・アロンソ(ルノー)の大活躍により、初めてスペインで2つのグランプリが開催されることになった2008年。

そのヨーロッパGPの舞台となるのはオフシーズンのテスト地としても馴染みの深いバレンシア。しかしレースが行われるのは既存のパーマネントサーキットではなく、マリーナを一周する一般道を利用した全く新しいストリートサーキットだ。

つまり、これまでどのドライバーも走ったことのない場所だけに、学習能力の高さや適応能力が問われそう。3週間の夏休みを経て、各チームがどういった進化を見せるのかにも注目が集まる。


バレンシア・ストリート・サーキット
24日決勝
●コース全長5.440km
●周回数:57周
●レース距離:310.080km
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集