トヨタ、自己株式の取得を決議

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は8月7日開催の取締役会で、自己株式の取得枠を決めた。自己株式を取得するのは、資本効率の向上と経営環境の変化に応じた資本政策を遂行するためとしている。

今回自己株式を上限1500万株を信託方式による市場買付けで取得する。取得総額は700億円が上限。期間は8月11日から21日まで。

同社は6月24日開催の定時株主総会で、自己株式を上限3000万株、取得総額2000億円を上限に2009年の株主総会までに買い付けることを了承した。

同社は6月30日現在で自己株式2億98692780万株を保有している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集