新日鉄、西豪州で鉄鉱石の出荷能力を増強へ

自動車 ビジネス 企業動向

新日鉄、西豪州で鉄鉱石の出荷能力を増強へ
  • 新日鉄、西豪州で鉄鉱石の出荷能力を増強へ
新日本製鐵と豪州子会社であるニッポン・スチール・オーストラリア(NSA)は、西豪州鉄鉱石ローブリバーJVにおいて、鉄鉱石積み出し港であるケープランバート港の出荷能力を1億t増加し、年間1億8000万tに引き上げると発表した。

西豪州鉄鉱石ローブリバーJVは、資源大手リオ・ティント・グループなどと共同で運営。

今回、出荷能力拡張に必要な資機材の先行発注などのための投資を行う。先行投資額は、ローブリバーJV全体で約13億5000万豪州ドル(約1400億円)を見込んでいる。先行投資は、資機材の調達期間の長期化に起因した計画遅延や資機材価格の高騰に伴うコスト増を回避し、円滑なプロジェクトの実行を図るのが目的。

鉱山開発を含む拡張計画全体については現在、事業化調査を実施しており、その結果を踏まえ別途意思決定する。

新日鉄では、現在推進している中期連結経営計画の中で、高炉の大型化、新コークス炉建設により設備強化を進めるほか、原料使用技術の向上による安価原料の使用拡大などによって、鉄源工程全般の体質強化を図っている。また、原料調達面では、これらの中期諸施策を支えるため、原料の長期安定確保に向けて鉱山への投資を含む戦略的な原料購買政策を推進している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集