GMとクリーンエナジー社、水素ステーションをLA空港近くに開設

エコカー 燃費

ゼネラルモーターズ(GM)は、クリーンエナジーフューエルズがGMのサポートを受け、ロサンゼルスに水素供給ステーションを開設すると発表した。今後、両社で水素インフラ拡大について検討することも同時に発表した。

両社は取り組みの第一歩として、水素供給ステーションをロサンゼルス国際空港の近くにあるクリーンエナジー社の圧縮天然ガス(CNG)施設内に開設。このステーションで、水素と天然ガス供給の相乗効果について検証する方針だ。

水素ステーションは、世界最大規模の燃料電池自動車の市場化テスト、シボレーのプロジェクト・ドライブウェイに参加するドライバーが利用する。今秋初めには操業を開始する予定。

GMとクリーンエナジー社は、水素ステーションを水素供給ステーションネットワークへと拡大していくことを視野に話し合いを進めている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集